カテゴリー:カメラ転売を始めた理由

  1. 「仕事ばっかりしていて、仕事好きなの??」 「え…全然好きじゃないよ。」 「え、じゃあ何が楽しいの??」 「……。」 私が会社員卒業を目指すきっかけとなった友達に 約4年目に言われた言葉です。 &nb…

  2. 毎日理不尽な生活をするのは耐えられない、独立しよう! 月曜日が来るのが憂うつ…。 てゆーか、休み少ないんだよ!給料安いんだよ!!(# ゚Д゚) ↑思ったことの無い人なんていないでしょ(>_<) …

  3. てか、そもそもカメラってなんじゃ? インスタントカメラしか使ったこと無いぞ\(^o^)/ カメラ屋に行っても、立派や髭を生やし、葉巻とか吸ってそうな、いかにも裕福そうなおじさまばっかりなんじゃ… そんな想像をしながら、いざ…

  4. カメラ転売をしてみようと決めたコツ子は 堀井師匠との待ち合わせ場所にいました。 堀井師匠の第一印象はカジュアルな恰好をしていたので 「普通の兄ちゃんじゃん」と思いましたw 今まで、スーツ着こなして…

  5. ある日コツ子は、泣いていました。 当時、通っていたNLP心理学のスクールの先生に営業代行のことを 打ち明け、自然と泣いていました。 本当はもうやりたくないことも自分で認められず、 …

  6. ひゃくまんえんのコンサルティングのお話しから数日。 悩みました(-"-) 飛び込むべき? やめるべき? 友達、家族に相談できるわけない!! そうこうし…

  7. Kさんとお会いできる日。 Tさんと待ち合わせし、7階建てのビルに入っていきました。 立派な会社だこと!といちいち感動。 緊張しながらおしゃれな応接間に入り、 おしゃれなグラスに入ったお茶を飲む。 そして現れたKさんは更に緊張感を高…

  8. フリーンのウエディングプランナーをしているTさんとお茶する約束をし、 待ち合わせ場所へと向かう。 向かっている途中で連絡が入る。 「仕事が早く終わったので先に喫茶店に入って席の確保をしておきます。 コツ子さんはゆっくり向かってきてください♪…

  9. 入居したシェアハウス! 3LDKのマンションの一室に 10人の女性が暮らしています。 各部屋に二段ベッドがあり、 ベッド内だけが個人スペース。 他は全て共有。 今までのびのびと一人暮らししてたから… 最…

  10. 私が地元で住んでいたアパートには 一本の桜の木がありました。 毎年、厳しい冬が終わり春になり ゆっくりとした気分になると同時に 綺麗に咲いた桜を見ては 「また1年が過ぎた」と落胆していました。 そして「この桜を見るのは今…

RETURN TOP


名前:ポンコツ子
年齢:27歳
出身:秋田県の田舎
職業:フリーランス
  (副業アドバイザー)

中学1年生から不登校。
17歳~22歳までパニック障害+うつ病。
18歳〜5年間お水の仕事と昼の仕事の掛け持ち。

24歳から「もっと自由になりたい!」と思い

数々の副業にチャレンジしては挫折。
このままじゃダメだ、と勢いだけで
上京するも、無職+ホームレス。

更に知り合った人の誘いで
ビジネス塾に入って失敗、100万円の借金。

そんなポンコツだけど…
カメラ転売(せどり)を始めてから
すぐに稼げるようになり、独立成功。

カメラ転売の講習も開始しました。

更には興味のあったiPhoneの修理の勉強もし、
iPhoneの修理業と修理講習もしています。

カメラ転売の講習もiPhone修理の講習も
女性でしているのは私が世界で1人。
ポンコツ子の漫画
クリックしていただけたら嬉しいです♡
にほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

カメラ転売マニュアル発売中! こちら

 

お問い合わせ

*メールアドレス
*お名前ふりがな
*お名前(姓・名)
*ご相談内容

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,135人の購読者に加わりましょう