これから生きるために絶対に必要なこと

この記事は2分で読めます

ずっと思っていたことがあります。

「稼ぎたいと言いながらパソコンも持っていないなんてありえない!」

 

正直に言います。

パソコンも持っていない状態で

「稼ぎたいなー」って言っている方は

ナイフで戦場に戦いに行く人だと思います。

 

その逆を言うと

パソコンがバリバリ使える人は

機関銃を持って戦場に行く人だと思います。

 

戦場に持って行くなら

ナイフと機関銃とどっちの方が生き残れると思いますか?

 

そんなことを言っている私ですが

以前働いていた職場で上司に

「若いのにパソコンすら持っていないとかあり得なくない?」

と、言われていました。

 

某家電量販店で働いていたのですが、

パソコンは持っておらず、

全ての電化製品について知識がありませんでした。

 

それでもお客様から何か聞かれた時は

担当の人に繋げるか、

頼りになる副店長に頼めば良かったので

覚えることもしていませんでした。

 

だから、上司に

「若いのにパソコンすら持っていないとかあり得なくない?」

と、言われても

「パソコン持っていなくても不便していないし…

なんであり得ないの?」

と思っていました。

 

でも結局、その後間も無くして中古で安くパソコンを買いました。

 

どうして購入したかと言うと

転売を始めるためでした。

 

某家電量販店で働きながら

独学で転売を始めたのです。

パソコンが無いと不便だ、と思ってパソコンを買いました。

 

でも私はパソコンがほとんど使えませんでした。

しかも、ケチって激安の中古のパソコンを買ったので

すごく性能の低くて古いパソコンでした。

 

今思えば、よくあれでやっていたなーと思います。

それでも一応、少しは稼ぐことができました。

 

まあ、少しは稼げたのですが、

このままだと「ちょっとだけ転売で稼げる」状態から

成長は出来ないだろう、とすぐ感じました。

 

だって

わからない事があっても教えてくれる人はいないし

儲かる商品を見つける事ができなくても

どうして見つけられないのか教えてくれる人はいないからです。

 

私は、ちょっと稼ぎたいのではなく、

「ずっと稼ぎ続ける方法」を身に付けたかった。

だから、このままだと成長できない!と感じました。

 

それでも、なんの特技も資格も無い私。

そんな私でも稼ぐにはきっと

「ネットを使って稼ぐこと」だろうと漠然と思っていました。

だから「今のパソコンのレベルだと稼げない」と、なんとなく思った私は

パソコンを習いに行きました。

 

それは大正解だったと痛感しています。

パソコンが使えること=稼げる力だと思います。

 

特にコロナの影響でどんどんオンライン化しています。

コロナの影響で稼げなくなった人は

オンライン化に出来ない業種か、

もしくはオンライン化にする方法を知らないからです。

 

これからは

オンラインで稼げるかどうかが大事。

つまりは

ネットで稼げるかどうか

がすごく大事になります。

 

これはコロナが終わったとしても

オンライン化の重要性は増すばかりだと思います。

 

だからこそ、

これからもずっと稼ぎたいと思っている方は

ぜひ、安いパソコンでいいので、

買ってみて「ネットに強い人」になってください!










※ID検索は【@omf9682r】
  • 2020 06.12

関連記事



名前:ポンコツ子(あかね)
年齢:30歳
出身:秋田県の田舎
カメラ転売、カメラ転売や副業講座をしています。
0歳の娘の子育てに奮闘中★


秋田県の田舎で牛を育てながら生活し、
中学1年生から不登校。
16歳から働き始めて
17歳~22歳までパニック障害+うつ病。
18歳〜24歳までお水の仕事と昼の仕事の掛け持ち。

24歳から数々の副業にチャレンジしては挫折。
このままじゃダメだ、と勢いだけで
あてもなく上京。

東京で知り合った人の誘いで
ビジネス塾に入って失敗、100万円の借金。

そんなポンコツだけど…
カメラ転売(せどり)を始めてから
すぐに稼げるようになり、独立成功。

カメラ転売の講習も開始しました。

更にiPhoneの修理業と修理講習も開始。

現在カメラ転売歴5年目、自営業歴4年目です。

詳しくはこちら↓
生い立ち
ポンコツ子の漫画

※ID検索は【@omf9682r】

人気の記事





クリックしていただけたら嬉しいです♡
にほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

111人の購読者に加わりましょう