【悲報】転売は犯罪の時代へ

この記事は2分で読めます

コロナにより、話題になった

「マスク転売」

マスクを転売で利益が出たら犯罪になるようになりました。

 

マスク以外にも犯罪にならなくても

品薄になっている消毒液の転売などがありますが…。

 

こういった「特定の時期だけ儲かる」転売のことを

「トレンドせどり」などと言ったりします。

 

流行を追いかけて、儲けます。

流行っている時は儲かっていいかもしれませんが、

売る時期が遅くなったりすると、

儲かりません。

むしろ在庫が残って赤字になることも。

 

それに比べてカメラ転売は

常に安定して売れています。

相場もすぐ変わったりすることはほとんどありません。

 

むしろ物によっては、

昔より今の方が高く売れるものもたくさんあります。

 

仮に今日、「これは儲かるカメラだ」と思って買ったカメラを

1年間後に売ったとしても儲かります。

 

カメラ転売の特徴は…

・売れ残ることもない

・相場がすぐ変わらない

・常に購入者がたくさんいる

・仕入先がたくさんある

とにかく「安定」しています。

 

 

そんな安定しているカメラ転売、

コロナのカメラ転売の影響は?

 

4月13日時点で、ヤフオクで売れたカメラが約13万件あります。

 

 

コロナが出ていなかった12月では約11万円件。

 

 

 

更に約1年前の

2019年3月では約12万件。

 

  コロナでカメラの売れ行きが良くなっている!!!

 

と言うことですね。

通常時より、1万〜2万件も増えています。

 

家にいる時間が増えて

ネットでお買い物する方が増えている、からですね。

コロナで収入が少なくなった方も多いですが、

逆に増えた方もいます。

増えなくても、給料変わらずに自宅待機で時間を持て余している方もたくさんいます。

 

自宅にいる時間が長くなっている今、

カメラ転売を始める絶好のチャンスです。










※ID検索は【@omf9682r】
  • 2020 04.13

関連記事



名前:ポンコツ子(あかね)
年齢:30歳
出身:秋田県の田舎
カメラ転売、カメラ転売や副業講座をしています。
0歳の娘の子育てに奮闘中★


秋田県の田舎で牛を育てながら生活し、
中学1年生から不登校。
16歳から働き始めて
17歳~22歳までパニック障害+うつ病。
18歳〜24歳までお水の仕事と昼の仕事の掛け持ち。

24歳から数々の副業にチャレンジしては挫折。
このままじゃダメだ、と勢いだけで
あてもなく上京。

東京で知り合った人の誘いで
ビジネス塾に入って失敗、100万円の借金。

そんなポンコツだけど…
カメラ転売(せどり)を始めてから
すぐに稼げるようになり、独立成功。

カメラ転売の講習も開始しました。

更にiPhoneの修理業と修理講習も開始。

現在カメラ転売歴5年目、自営業歴4年目です。

詳しくはこちら↓
生い立ち
ポンコツ子の漫画

※ID検索は【@omf9682r】

人気の記事





クリックしていただけたら嬉しいです♡
にほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

107人の購読者に加わりましょう