今まで黙っていたことがあります

この記事は2分で読めます

 

実は、不妊治療をしていました。

 

結婚する前から、検査やタイミング療法をし、
(タイミング療法とは妊娠しやすい日を特定していく方法)
ありとあらゆる、体質改善方法も試して

漢方薬、サプリメント、鍼灸、体を温めることなどをしました。

かれこれ1年半続けています。
私の場合、まず生理が短くて出血も少なかったのですが、
これは血の巡りが良くないから、

ということで漢方薬を飲んで体質改善。
出血が増えて5日ほど生理が続くようになりました。

それから子宮頸管液(精子が子宮に到達しやすくなる液体)が

少ないということで、人工授精を勧められました。

 

夫の検査はまだしていなかったのですが、

夫に検査して、と言いづらくて言えませんでした(´・ω・`)

 

子宮頚管液が少なくても妊娠する人はいるし、

他に問題もないし年齢的にももう少し後ででもいいと思うけれど…。

と、病院で言われていたけれど、

もし夫にも何か要因があったら?と思うと

早く人工授精もしたかったし

検査もして欲しかったのが本音。
しかし私が不妊治療に熱心になりすぎて
心に余裕が無くて、荒れた心の時期もありました。
ストレスが良くない、とはよく言うけれど
不妊治療はまさにストレスだらけでした。

 

夫との意見の食い違いも起こり、

もう別れるしかないね!

とまで言って

荷物をまとめて別れる話をしたことも。

「このままでは子供が持てないのでは」という不安や焦りに必要以上に駆られていました。
昔から子供を持つことが夢で、
「もしかしたら子供が持てないかもしれない」と思うのは恐怖でした。
さらに、自分1人で不妊治療が出来るならいいけど、当然パートナーの協力も必要。
私はどんどんステップアップして不妊治療をしたいけど、そうもいかない。
夫と、不妊治療とどう付き合っていけばいいのかわからなくなりました。
そんなこんながありながら、
ふと
「不妊治療にお金も時間もかけるより、

家庭を必要としている子を向かい入れた方がいいのでは?」
と思い始めて、里親や養子について調べました。

 

続く→思い通りにならなくて良かった

 

  • 2018 12.14

関連記事



名前:あかね(ポンコツ子)
年齢:31歳
出身:秋田県の田舎
カメラ転売歴6年目です。
2歳の娘の子育てに奮闘中


秋田県の田舎で牛を育てながら生活し、
中学1年生から不登校。
16歳から働き始めて
17歳から4年間パニック障害+うつ病を経験。
18歳〜24歳まで昼の仕事とスナックで夜バイトの掛け持ち。

24歳から数々の副業にチャレンジしては挫折。
誰かに教えてもらいたいと思い、勢いだけで上京。

上京してすぐ知り合った人の誘いで
ビジネス塾に入って失敗、100万円の借金。

そんなポンコツだけど…
カメラ転売を始めてから
4ヶ月目には25万円を稼いで独立。

カメラ転売の講習も開始しました。



詳しくはこちら↓
生い立ち
ポンコツ子の漫画

※ID検索は【@omf9682r】

人気の記事





クリックしていただけたら嬉しいです♡
にほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう